公益財団法人福島県スポーツ振興基金

ホーム > 理事長あいさつ

理事長あいさつ

スポーツは、私たちの心とからだの健全な発達を促すとともに、明るく豊かで活力に満ちた社会の形成に寄与するものです。

本県では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として、県民のスポーツに対する関心が一層高まっており、年齢や性別、障がいの有無にかかわらず、誰もが身近な地域でスポーツに親しむ環境づくりが求められています。

本基金におきましても、これまで生涯スポーツの振興をとおして、県民の皆さんの元気や笑顔、健康や生きがいづくりの一翼を担ってまいりました。

昨年度以来、新型コロナウイルス感染症の影響等もあり、事業の中止や縮小などが相次いでおりますが、感染症対策の基本をしっかりと守りながら、誰もが安心・安全にスポーツを楽しむことのできる環境を一日も早く取り戻していくことを期待しているところです。

引き続き、県、市町村及び関係団体等と緊密に連携しながら、生涯スポーツを推進する団体が行う様々な事業や活動を積極的に支援してまいります。

公益財団法人福島県スポーツ振興基金
理事長 小笠原 敦子

  • 理事長あいさつ
  • 福島県スポーツ振興基金について
  • 助成事業募集のご案内
  • 助成対象事業・助成対象団体・助成率・助成額 等
  • 助成対象団体の資格・助成金の経理 等
  • 助成事業実施スケジュール
  • 助成対象事業の審査・助成活動実施時の条件・助成額の確定・振込 等
  • 助成事例の紹介

QRコード

Q&A一覧

ページの先頭へ